2011年01月14日

ブリスベンの洪水:その後の経過

メールやコメントをいただいたみなさん、ありがとうございました。とても励まされました。感謝です。夫も私もまだ家には帰れませんが、元気にしています。

ここ数日の経過
雨は三日前から止み、ダムからの放流が増えるにつれ、川の水位が上昇するという状況になった。昨日の午前中に水位が最も高くなったが、現在はかなり水位が下がってきた。ブリスベンの広い範囲でまだ浸水が続いているが、今後の復興に話題が移行している。

うちのアパートだが、テレビの映像でうちの周りが浸水していたので、当然うちもだめだとあきらめていた。ところが、アパートの管理人から電話が入り、地下の駐車場は天井まで浸水したけど、人が住んでいるところは浸水しなかったとのこと。うちのアパートを見に行ってくれた友達Kちゃん(となりのエリアで、丘の上に住んでいる)も大丈夫だということを教えてくれた。アパートの両側の道は浸水していたけど、うちは少し高くなっていので水が入ってこなかったようだ。一時はかなり気落ちしていたので、こんなこともあるのかと逆に信じられなかった。

私たちは避難していた知人宅付近が停電になって、重要な電話、テレビ、冷蔵庫、PCが使えなくなってしまった。近所のショッピングセンターもお昼で閉店。これでは外部との連絡がとれないということで、数日分の食料を持って昨日ゴールドコーストに避難してきた。現在は水位が下がって家に帰る道がありそうなので、明日は家に戻ってみる予定。ただ、地下に電気の施設があるため、1週間は電気が使えないとのこと。しばらくは知人宅にお世話になることになりそうだ。

避難先となった知人は現在ニュージーランドにいるにも関わらず、家を提供してくれて、何でも使っていいからと言ってくれました。とてもありがたいことです。人と人のつながりをこれからも大切にしていきたいと実感しました。


posted by ふじこ at 13:47| ブリスベン ☀| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今朝、ブリスベン市内の近くを車で通りました。信号機が止まっているので警察が手招きで誘導していました。まだ通行止めの通りがありました。アンストリートからビルとビルの間からブリスベンリバーが見てたのですがかなり水かさがありました。 ふじこさんのアパートが完全に水没していなくて本当によかったです。我が家はスペアの部屋がないのですが居間でもよければ、うちにきていただいてもかまいませんし、旦那の妹家族の家は部屋もあるので必要なときは遠慮なく言ってくださいね。
Posted by saori at 2011年01月14日 14:43
saoriさん、お部屋の件、そのように言っていただきどうもありがとうございます。とても心強いです。もし必要となったらお願いすることもあるかもしれませんが、そのときはよろしくお願いします。川はまだ水かさがあるようですね。今日のニュースでは、シティが以前のような状態に戻るには数ヶ月かかると言っていましたね…。自然の猛威は恐ろしい。
Posted by ふじこ at 2011年01月14日 19:44
ご自宅が浸水していなくて、本当に何よりです。
浸水してしまうと、色々な大事なものが、本当に泥水でぐちゃぐちゃになって、心が一番、傷ついて疲れてしまう・・・。
と、家が1階全部浸水した主人が言ってました。

これから、復興に向けて色々と不便があると思いますが、体に気をつけてください。
Posted by ゆき at 2011年01月14日 19:54
ゆきちゃん、クリスが浸水の経験をしていたとは知りませんでした。実際に浸水している自分の家を目にすることがとても怖いと思っていたので、お気持ち察することができます。
普段の生活に戻るまでにどれくらいかかるかわかりませんが、気をつけて過ごします。どうもありがとうございます。
Posted by ふじこ at 2011年01月15日 06:08
さおりさん、ケイタイ番号ありがとうございました!
Posted by ふじこ at 2011年01月15日 18:38
ふじこさん、たけみさん

連日のニュースに、信じられない思いで
見入っていました ・・・。
ご無事で、まずは、良かった ・・・。
まさか、こんなことがあるとは思いも
しないですよね。
どうかどうか、早い復興となりますように。
どうかどうか、御身体、ご自愛ください。
あぁ、でも、お元気で良かった ・・・。
Posted by やっこ at 2011年01月16日 02:19
やっこちゃん、ほんとに何があるかわからないものですね。今回のことで多くのことを学びました。

家が無事でほっとした途端気がゆるんだのか、風邪気味になってしまいました。治ったら街の復興のお手伝いをする予定です。

温かいコメント、どうもありがとうございました。
Posted by ふじこ at 2011年01月16日 08:56
ふじこさーん

ご無事で何よりです☆
お家も住居部分が無事だったみたいで
ほっと一安心ですね^^
よかったよかった♪
Posted by あずみ at 2011年01月16日 09:33
おぉ〜あずみちゃん!
はい、家が無事で一安心です。コメントありがとうございました。
Posted by ふじこ at 2011年01月16日 18:01
ふじこさん、全部がダメでない状態で本当に良かったです!
少しの間は不便な事が続くでしょうが"Look on the bright side!"でのりきれますように願っています。

本当にひとの繋がりって大事ですよね!
As you know, they say "A friend in need is a friend indeed"
Cheer up for you two or for your neighbors!

Posted by 紀恵 at 2011年01月17日 07:54
ふじこさん、
人の繋がりって本当に大切ですね。
ニュースでブリスベンの様子が流れた時に、たくさんのボランティアの人々が集まっているのを見ました。素晴らしいことですね!

お家が無事でよかったです!
ひとまずホッ!ですね^^

風邪、お大事に!!!
Posted by aya at 2011年01月18日 09:53
紀恵さん、全部がだめでなくてほっとしている中、全てを失ってしまった人たちもいるので、複雑な思いではあります。あれから約10日が過ぎましたが、温かい言葉のおかげで元気に過ごすことができています。どうもありがとうございます。
Posted by ふじこ at 2011年01月20日 08:07
ayaちゃん、コメントありがとうございます。

先週末は12000人のボランティアが集まったとか。私はとほほなことに体調を崩して行けなかったのですが、参加した夫によると、最初にまず破傷風の予防注射をしたそうです。そしてバスに乗って被害のあったエリアに連れて行ってもらい、家の壁をはがす作業などをしたと言っていました。
Posted by ふじこ at 2011年01月20日 08:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。